自筆証書遺言作成の流れ

  1. 相談予約
    ご相談予約
    司法書士による相談の流れ 事前に無料相談のご予約をお取りください。その際、ご持参いただきたいお手持ちの資料をお伝えしますので、出来る範囲で結構ですのでお持ち下さい。 忙しくて当事務所にお越しできない方には、こちらからお伺いしてご相談をお受けいたしますので、お電話にてご要望下さい。 (対応地域:福岡市内・北九州市内、及びその近郊) お伺いする前に電話でおおまかな状況をお聞かせいただき、ご準備いただきたいお手持ちの資料をお伝えしますので、ご協力をお願いいたします。 ご準備いただきたい資料 :故人の家族構成がわかる資料(故人の親、配偶者、子、兄弟姉妹等の戸籍謄本等)、 故人名義の不動産の登記簿・権利書、固定資産税の納税通知、故人の財産内容が分かる資料、身分証明証(運転免許証、健康保険証等)、印鑑(認印)
  2. 面談
    ご相談
     司法書士が直接ご相談を承ります。 専門用語は使わずに、分かり易い言葉を使って説明することを心がけております。分からない事は遠慮なく何度でもお尋ねください。 司法書士には守秘義務があるので、相談内容が外部に漏れることはありません。安心してご相談ください。
  3. 見積の事前提示
    お見積りの事前提示
    ご依頼いただく前に必ずお見積り額を提示させていただきます。 ご依頼後に追加費用を請求することはございません。 後日、新たに相続人、不動産が見つかる、一部の相続人が所在不明等々のような見積の前提条件が変わるときは、費用が変わる場合があるのでご了承下さい。 ご相談・見積額提示の際、当所よりご依頼を要求することはございません。家に持ち帰ってじっくりご検討され、ご納得いただいた上でご依頼いください。
  4. 受任
    ご依頼・遺言書原案作成
    戸籍謄本等取得した書類をもとに、ご依頼人のご希望、ご意見をもとに遺言書の原案を作成します。
  5. 協議
    遺言書の作成
    原案の内容にご了解いただければ、ご依頼人にご自身で同じ内容で遺言書を書いていただきます。書き損じた場合、修正はせずに新たに書き直していただきます。ご自宅で書かれる場合、封はしないで下さい。ご依頼人が書かれた遺言書の内容を確認させていただきます。問題無ければ封をして終了です。

保管にあたって

折角、作成した遺言書も相続人に発見されなければ意味がありません。
相続人に遺言書を書いた旨を知らせておくか、亡くなられた後に発見されやすい場所に保管しておくことをおススメします。